私たちについて

  

 
「元気とほこり」が合言葉!

NPO法人蔵の街たんぽぽの会は「げんきとほこり」を合言葉に人と人が支えあう地域作りを目指し、とちぎおもちゃ図書館、地域活動支援センターオープンハウスたんぽぽ、こどもの部屋たんぽぽの3事業を実施しています。

「おもちゃ図書館」「地域活動支援センターオープンハウスたんぽぽ」「こどもの部屋たんぽぽ」の3つが事業の柱で活動場所は街全部です。「一緒に遊んで、一緒に働いて、人や社会と関わる・支える」をモットーにスローガンは「げんきとほこり」です。

 

障害児を持つ親が子どもと一緒に楽しく、仲良く暮らして生きたいと平成元年に始めた「おもちゃ図書館」がスタートです。おもちゃは子どもの大人も障害があってもなくても一緒に楽しむことができます。

 

「地域活動支援センターオープンハウスたんぽぽ」は仕事を通じ日常生活の自立を図っています。そうはいっても、オープンハウスの利用者の障害が様々なので、一人ひとりに合わせたプログラムを柔軟に組み立てています。その日によってくる顔ぶれも違うので、その時々に応じて考えていますし、なにより、利用者の気持ちを大切にするようにしています。

 

活動はできるだけ内輪だけにならない様にできるだけハウス外の活動を取り入れて、自前でできないところもたくさんあるので、他の事業所を利用できるように連絡・連携を心掛けています。

 

「老人福祉センターでの売店運営」は現在2箇所で、給食サービスもおこなっていますが、利用者が元気に働けるように行っています。

 

団体概要


  • 団体名称
    特定非営利活動法人 蔵の街たんぽぽの会
  • 代表者
    石河 不砂
  • 所在地
    〒328-0054 栃木県栃木市平井町873-3 [ MAP ]
  • 連絡先
    電話番号 0282-24-9833
    FAX 0282-24-9833
    メール tanpopo@cc9.ne.jp
  • 設立年月日
    1982年11月1日 (法人設立登記年月日 2002年7月4日)
  • 団体の目的
    私たちは、障がい児・者、高齢者、児童などさまざまな人がお互いのハンディにかかわりなく交流し、楽しみ、自立・自己実現を目指すとともに地域の子育て支援と地域の環境整備を通して人と人とが支えあう地域社会づくりに寄与することを目的にしています。
  • 団体の活動・業務
    おもちゃ図書館の運営
    地域の子育て支援
    地域活動支援センターの運営
    日中一時支援
    障がい者の就労体験実習
    障がい児・者・高齢者にやさしいまちづくりの調査・研究
    ボランティアの人材育成 他

アクセス


とちぎおもちゃ図書館

〒328-0027 栃木県栃木市今泉町2-1-40 とちぎ保健福祉センター [ MAP ]

電話 0282-22-4457(栃木市社会福祉協議会)

運営時間 月~金曜日・第2・4土曜日 10:00~12:00 12:30~15:30

オープンハウスたんぽぽ

〒328-0073 栃木県栃木市小平町6-11 [ MAP ]

電話/FAX 0282-24-9833

メール tanpopo@cc9.ne.jp

運営時間 月~金 8:30~17:30(祝日除く)

こどもの部屋たんぽぽ

電話 0282-51-3688

メール tanpopo2@cc9.ne.jp

※所在地については、公開しておりません。お問い合わせください。